« JAGDA in HOKKAIDO | トップページ | 幸不幸 »

2010年5月25日 (火)

EST EST EST

また飲食店話題ですが、いつもお世話になっているイタリアンのお店
EST EST EST さんのロゴリニューアルを手伝いました。
手伝いました?作りました?そこはどうでも良いか。
お店自体、最初に始めた方が使っていたロゴなどをそのまま使っていて、
この度、イタリア研修を終えてリニューアル。

といいつつ、飲食店の作り物って、僕、本当はそんなに好きではないんですけど、
このお店の料理は美味しいし、大好きなグラッパもあるし、
そのお店を知っているから、やりたいな〜ってことでやりました。

あ、新店は新店でやりますよ。必要とあらば。


もちろん、ショップカードや名刺など印刷物は慣れたものですが、
看板も、ということで、いか工芸の工藤さんにお手伝いいただきました。


201005201055000

壁と会話する工藤さん



201005201102000

「まずはフォークを描く」の図。



ちなみにこの壁にはこんな看板が付いていました。

201005201146000

窓ガラスはこんな感じ。

201005201147000

リニューアルって難しいですね。
気に入らないし、ダメだから変えるっていうことなら、全然、拭い去るだけなんで良いのです。
そうではなくて、昔の看板を見てお判りのとおり、「COCKTAIL & WINE」って書いてありますが、
今は「RESTAURANT & BAR」なんです。だから変える。という感じ。

× → ○ ではなく、 △ → ○ な感じです。僕の中ではそこが重要でした。


OPEN・CLOSEの吊り看板とかも作ったのですが、自分でいうのも何だけど、カワイイグラフィック。
別に(←沢尻エリカ風)機能性なんて堅苦しいことは考えていないんですけど、
フォークの先が入口です。の矢印。

OPENの面↓               ↓CLOSEの面部分(残念賞仕様)
201005201057000  201005201118000


そうこう写メを撮っている間に、工藤さんの手は進み、
壁が出来上がっていました。


201005201227000

板と板の隙間があって、しかも表面もデコボコしているので、
隙間を埋めるのとか、非常に描き辛そうでしたが。。。

カッティングシートとかで貼ってしまっても良かったのですが、
もっと、何て言うか、気取ったお店ではないので、
誰でもかけそうな落書き感をだしたくて、ここだけは手描きにしてもらいました。


ということで、お店の全貌とショップカード・名刺はお店に行ってみてください。
※課長、またしても、ごめんなさい!全貌は撮り忘れたんです!


市内で有名なイタリアンやフレンチ系の飲食店の方も通うお店なのですが、
その方達にも会う機会があり、垢抜けたと好評ですた。


めでたしめでたし。

|

« JAGDA in HOKKAIDO | トップページ | 幸不幸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557701/48455761

この記事へのトラックバック一覧です: EST EST EST:

« JAGDA in HOKKAIDO | トップページ | 幸不幸 »